楽天市場で買ってポイントを貯めよう!



電動アシスト自転車「PASシリーズ」

電動アシスト自転車がすっかり主流になりました。スポーツタイプや折りたたみ式などの人気モデルがヤマハやブリヂストンといったメーカーさんから発売されています。そんななか

ヤマハの電動アシスト自転車で時速24kmを超える不具合、17,856台を無償修理
https://kaden.watch.impress.co.jp/docs/news/1233173.html

というリコール情報が目に入ってきました。
その中でも「時速24kmを超える不具合」という点が気になったのですが、道路交通法で定められたバッテリーつき電動アシスト自転車の制限速度が時速24kmなのだそうです。これご存じでしたが?

ちなみにペダルのない原付(原動機付自転車)の制限速度は時速30kmとなっています。

つまり今回のリコールの内容は、ソフトウェアの不具合で「時速24kmを超えないように注意して設計していたのですが、特定の操作をすると(ついうっかり)これを超えてしまいます」ということのようです。

ふだん自転車を使っていて、制限速度を意識することなんてほとんどありませんが、お子さん載せることも多い点を考えると安全にはしっかり気を付けたいですよね。